February 13, 2007

覆面作家企画2参加作品のあとがき

礼門Z氏から、「こんな企画がある」という紹介を受け、参加しました。

お祭りとして、とても面白そうな企画だと思いましたが、反面不安もありました。
一つは、WEB作家であれば誰でも参加出来るという要件です。
つまり、どんなにダメな作品でも参加は自由であるという事です。
僕は自分の作品に絶対の自信がある訳ではないので、そういう意味では有り難かったのですが、
読まされる読者の立場に立ってどうなんだろうと思いました。
多くの作品がエントリーされ、予備情報は一切与えられないのですから、
推理という行為を楽しむ為には、苦行的にでも全てを読破しないといけない訳です。
所謂活字マニアにとっては全く苦にならないかもしれませんが、
世間一般の標準的な読者にとって、面白いかどうかも保障されない小説を、
一作品のみならず多数読み続けるというのは、洒落になっていないと自分は思いました。
二つ目には、「星」というテーマに沿って執筆しなければならない為、
良くも悪くも似たような波長の作品が揃うという事です。
もちろん作家それぞれの個性によって、各作品の個性ははっきりしているはずです。
でも、読後感といいましょうか、波長が似ている訳です。
逆に言えば、星と言うテーマから逸脱するほど、全体においては突出した作品に見えるはずです。
星という単語から受けるイメージは具体的には人それぞれです。
でも、イメージとして共有しているものはあるはずです。
例えば「透明感」「純粋さ」「超高温」「希望」「壊滅」「吉凶」「美」「栄光」「アイドル」などです。
どの作品も、それらのイメージに支配される傾向を持つはずです。
「星」というテーマで書けば、それが必然であるともいえます。
どんなに美味しい料理があっても、毎日食べ続けるものは飽きるものです。
仮に参加作品全てが優秀だったとしても、同じ波長を持つ作品を読み続けるのは楽な事ではないはずです。
少なくとも、僕にとっては苦痛です。

上記二つの内容を考慮して、自分は以下の点に気をつけました。
今回の企画全体をカレーライスとするなら、自分は福神漬けの役割をやろうと。
単品としては大した作品ではないのですが、全体の中でアクセントになる作品を書くと決めました。
数々の力作が並ぶ中で、読者に小休止を与える作品を書くという事です。
その為に、
・読むことに疲れないよう、できるだけ短い作品にする
・物語りとしての起承転結よりも、星空の映像を読者に与え、次の作品に繋げる
という事を目標にしました。

自分の書いた作品はEブロックのトップバッター「星」なのですが、
起承転結の無い作品なので、解説を書こうと思います。
解説しないと分からないという事自体小説として問題ですが、そもそも推理を楽しむ企画でしたので、
書いていない部分を読者に想像させるという意図を含んでいます。

序章は、2006年のクリスマスに僕と娘が交わした会話です。つまりノンフィクションです。
執筆時、「地球温暖化が深刻であり、改善されない場合は人類が滅亡する可能性すらある」という内容をテレビで見ました。自分は38才で十分人生を楽しみましたが、娘達が人類滅亡の場面に立ち会うというのは想像するだけで恐ろしく、悲しいことでした。
一章は地球温暖化に対する警告の意味を込めて書かれました。
壊滅的な地球から逃れたのは、人類的なエリートを自称する大富豪達と、彼らが必要とした技術者達です。
一般市民は環境変化の中で死に絶えていくのですが、地上における人類の1%にも満たない確率の中で
突然変異種が生まれ、新しい環境の中で生きる新人類が誕生します。
この戦いは、結局新人類側が勝利します。
百年後、新人類は旧人類を野生動物・天然記念物として特別区に保護しています。
二章の親子はその特別区の中で仲間を探し、彷徨っています。
この特別区は以前の大気が局所的に偶然残された地域です。
特別区の中は、全域が安全と言う訳ではありません。
数キロ四方の安全圏が、特別区の中に点在しています。
安全圏を移動する旅は生死に関わる危険なものですが、もし一つの安全圏で人口が減少した場合、
子孫を残すためには生死を賭けてでも隣の安全圏に居る人間と合流する必要があります。
父親は風を読み、大気の状態を確かめながら旅を続けています。

この物語のテーマは「星」ですが、もう一つのテーマは「三時代のクリスマス」です。
二章にクリスマスを意味する表現はありませんので、読者は違和感を感じるはずです。
けれども、もし神が人類を導いているとするならば、人類がどのような状況、境遇に陥ったとしても、
神は絶対に人類を保護しようとするはずなのです。
イベントとしてのクリスマスが絶えても、その本体は生きているという事です。
その事を暗示するのは、最後の台詞です。

旧約聖書、イザヤ書65章
「わたしは,[わたしを]求めたことのない者たちにわたしを尋ね求めさせた。わたしは,わたしを探し求めたことのない者たちにわたしを見いださせた。わたしは,わたしの名を呼び求めていなかった国民に,『わたしはここにいる,わたしはここにいる!』と言った

孤独な境遇において、「私はここにいる」という人間を、神は絶対に無視できません。
何故なら神ご自身が、そのような境遇を身に染みて理解しているからです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 05, 2005

京都オフ記念

kyouto_off01
RE-SHARP宛てに皆で描いたものですが、せっかくなのでネットにも公開であります。
楽しい気分が皆に届くといいなー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)