« August 2007 | Main | December 2007 »

September 21, 2007

今日ちょっと思ったこと

どっかの電車でベビーカーを挟んだまま動いちゃった事故がありました。
以前にも同じようなあったので、ニュースのコメンテーターが「ちゃんとしなさいよ」的なコメントをしてました。

で、自分は思ったのですが、
ベビーカーを電車に持ち込むほうが間違っていると思います。
理由は、「以前に事故があったので信用できない」からです。

今度また同じような事故があり、その時最悪の結末になってしまったらどーでしょう。
鉄道会社が悪いとゆーのは簡単ですが、実際そうであったとしても、
もし赤ちゃんが死んだら、誰が悪いとかどっちが正しいとか判明したところで命は戻らないのです。

煎じ詰めて言うと、電車にベビーカーを持ち込むのは危ない。だからやめた方が良いって事です。
電車を使いたい理由はあるかもしれませんが、子供の命を天秤に掛けて考えるなら、
自家用車を使うか、子供がでかくなるまで出歩かない方がましだと自分は思います。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

September 18, 2007

再就職手当

ハローワークを通じての再就職活動をしてきましたが、
明日から再就職致します。個人的には何気にめでたいであります。
さて、一定の条件を満たすと再就職手当てをもらうことができるのですが、
ちょっとしたボーナスみたいな感じで有り難いなと思います。
同じ再就職(転職)でも、知らなければもらえない訳でありまして、
制度を知っているか知っていないか、それが大事な事なんだなと、しみじみ感じました。
弱者に厳しい、荒んだ世の中ですけれど、知っていれば助かる可能性が高くなる訳です。
ですから、広い意味で「学び続ける」事が大事だなと思います。
自分は図書館大好き人間ですが、図書館で様々な問題解決の糸口を掴むことが出来るかもしれません。
たったそれだけの意識を持つだけでも、人生の重さは軽減されるような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 15, 2007

今日娘の中学校に行ってきた

運動会っつーか、体育祭があったのですよ。
天気予報では曇り後雨だったのですが、実際には快晴&猛暑となりました。
炎天下の中で頑張っている子供達が非常に頼もしく、また気の毒にも見えました。

それにしても、天気予報が極端に外れたのは久しぶりだったような気がします。
地球温暖化も進行中なのでしょうし、予想し難い世の中になっているのかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

September 11, 2007

えあぎたー

世界大会でV2達成おめでとー。

クサデカでも頑張ってくれ(静岡ネタ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2007

たいふーどどん

高度経済発展ですか。
たいふーがどどんと来て、
ぢしんがばばんと来たら、
どーせ全部潰れるのでありますよ。
よしんば街が生き延びたとして
誰かの命はそこで終わり、その人の世界はそこで消える。
事実としてそんなもん。

たいふーが来ると、そんな事を思いますです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2007

シックスセンス

懐かしい映画、シックスセンスをビデオで見ました。
ちなみに、図書館から借りてみたのであります。

改めて気付いたことは、BGMらしきものが殆ど無いとゆー事。
脚本の巧さと、それに応える演技力だけで成立しているような映画でありました。

サウンドノベルを製作していると、極力BGMに頼りたくないのですが、
プレーヤーを飽きさせない展開が見つからないと、ついBGMに頼りがちです。
結果おーらいな場合もありますが、所詮は「逃げ」なので、創り手が逃げに慣れたらまずいですよね。

脚本がきちんと出来ているというのが基本なのかなと、
当たり前かもしれませんがしみじみ思いました。
具体的には、30秒毎に「飽きさせない仕掛け」が必要かなと。
飽きさせないと言うのは、何も特別なイベントという意味ではなくて、
さり気無い場面の連続であったとしても、惹きつけて離さない何か、
心に染みさせる何かが必要なのだろうと、そう思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビーサンなのか…

ビーチサンダルで頑張っているお店

「葉山ビーサン物語」

元々老舗だったとはいえ、普通に考えてビーサンだけで商売が成立するのは不思議でならない。
「ビーサンも拘れば絶対売れる!!」と思って事業計画を立て、起業するヤツはおそらくいない。
思いついたとしても、一体誰が買うのか?と想像してしまうとびびってしまうものだと思う。

そんな中で一つのブームを作ったと言うのは、やはり人間が「感情の生き物」だからなのだと思う。
人間の感情は理論、理屈以外のところで勝手に動き、判断を下す。
理性と感情の両極を見極めて思考していかないと、こーゆー波は作れないのだろうなーと思ったです。はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2007

相変わらず求職活動中

地道に求職活動中しているのですが、今日も面接に行ってきました。
結果は不採用だったのですが、それはそうと、素晴らしい会社でありました。
単なる印象にすぎないのですが、職場としての雰囲気が非常に良かったです。
能力、実力、プライドを全て備えた集団とゆーオーラが出ていました。
また、おそらく社長さんに面接して頂いたと思うのですが、
強い胆力と経験値の高さが感じられて、プロフェッショナルのかっこよさを体現しているような方でした。
今回は自分自身、自分がこの会社にお世話になるにはあまりにもレベルが低いと予想していたので、
かえって迷惑をかけずに済んだなと、ほっとしていたりします。
結果はともあれ、自分の住んでいる近くに、さりげなく凄い人達が住んでいるのだなーと、
新鮮な発見をしたといいましょーか、自分にとっては収穫の多い一日でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2007

大臣どんどん辞めてきますなー

きれいな政治家など存在する訳がなかろーに、
ばれると辞職せねばならんのだから、それはそれでつらい職業だなー。

政治家の給与を最低賃金の全国平均値にしてしまえば良かろーと思う。
国家の代表には国民の痛みをダイレクトに味わって頂きたい。
そーすると、誰も政治家になりたがらない訳だ。

そしたらハローワークに来ている我が同胞達がこぞって立候補するであろう(苦笑
とりあえず飯は食えるからな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2007

ガンピズム―フォレスト・ガンプの生きる知恵。

この本はブックオフで100円で買った。

幾つかある中から、一番印象に残ったのは

「正じきが一ばん。
 きみが
 ペテン師じゃなければ」

「Honesty is the best policy unless you are a crook.」

「世の中正直になんてやってられねーよ」と言いたくなる時があるのだけれど、
自分の良心を殺す事が、人生で最も悲しい事なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ネット社会の怖さとか

今までにサウンドノベルを作ってきて、幾度かPC雑誌に収録されてみたり、
一瞬だったけれどVECTORのアドベンチャー関連で人気一位になってみたり、
そーゆー時にはサイトのアクセス数も一日500は簡単に超えられる訳で、
結局のところ、それなりの作品をそれなりに継続して発表する事が出来れば、
それなりの評価とか、それなりの認知を頂けるのだろうと、そう思った次第。

そんな僕が怖いのは、ネットの中での「影響力」みたいなものです。
例えば何処かの企業で不正があったとしましょー。
で、ある人が内部告発みたいな形で騒いだとしましょう。
普通は2ちゃんねるで騒ぐのがセオリーなんでしょーか。
で、暴露によって企業や幾つかの人生が大きく揺れる場合もある。
そーゆー事件は、実際今までに幾つかありました。

僕が作品を作り活動していく中で、自分自身を怖いと思う瞬間は、
今まで自分を不遜に扱った、非礼な人間たちに復讐してやりたいと思う時です。
自分は自分の作品の仲で、設定や名前を代えて彼らを登場させ、報復する事が出来ます。
どんなにそいつらが非道であるか、作品の中で告発出来る訳です。

例えばテレビでのインタビューに答える程、僕が有名になったとしましょう。
その時、「あの作品のあのキャラは、前の職場のなんたらというヤツがモデルなんですよ」
といえば、その人物は一斉に世間の注目を集める訳であります。
そうなったらどんなに愉快だろうと、そう思う醜い自分がいる訳です。

僕は自分が不当な扱いを受けたことは絶対に忘れない主義で、
そーゆー意味ではふつーに恐ろしい人間です。

けれど実際のところ、自分は誰かへの報復として作品を作った事は今までに一度もありません。
そーゆー誘惑に駆られる事は多いのですが、実際にやった事は無い訳です。
何故かとゆーと、ネガティブな感情は読者にもネガティブな波動を与えます。
内容としてネガティブなものを書く事はありますが、執筆の動機がそうあってはいけないと思う訳です。
(読者の為にならない作品を作った所で、何の価値も無いと自分は思います。)
更にもう一つ理由を挙げるなら、僕は実際多くの人間を恨んできましたが、
反面多くの人間を傷つけ、恨まれてきたような気がします。

僕は喧嘩を好まないし、争う状況では先ず逃げる事を考えるような性格ですけれど、
知らぬ間に何処かで誰かの心を傷つけている、そんな事は誰にでもある事のような気がします。
誰かを赦し、誰かに赦してもらう、それが一番賢明な生き方なんだろうなと思う訳です。

まーいーや、ゆるしてやらー
みたいな言葉を吐きながら、自分はキーボードをぽちぽち叩いてきたのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

起業について

最近起業について調査していますが、実際に起業を予定しているのは僕の友人であって、僕自身ではありません。
自分に起業の意思が全く無いといえば嘘になりますが、僕の場合資本金を全く用意できないので現実的に無理なのです。(無理して起業したところで経営的に無理っつー訳ですな)
ですから僕の場合、今月中に就職先を決めたいとゆー事で、あれこれ動いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気になる物件その3

気になる物件その3

東や北に近い感じが良いな。
鑑定団にも比較的近い。
隣の本屋さんが潰れてなければ完璧だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気になる物件その2

気になる物件その2

藤枝駅前なので、あれこれ宣伝しなくてもとりあえず目に付く感じが素敵。
2階なのでちょいと不便だが、マニア向けの店をやる分には問題ないかなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2007

気になる物件

気になる物件

安くてお手ごろ。

萌え~w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | December 2007 »