« April 2007 | Main | June 2007 »

May 09, 2007

Simon & Garfunkel Scarborough Fair

古いけれど名曲。

二人の男がギターを持って歌うだけで世界を征服したとゆー感じが素晴らしかった。
つまり、自分たちのスタイルとセンスで勝負したとゆー感覚がグレイトなのだ。
自分は、アートは才能が全てだと思う。
技術をどれだけ磨いても、才能が無ければ無価値だと思う。
もちろん技術がどーでもいいという話ではなく、才能の上に洗練された技術を持っている事が大事かなと。
例えば映画やゲーム業界は、お金を掛けてこそ大作という風潮があるけれど、本質的にはそうじゃない。

で、「才能」というのは個性の領域に付随するものなので、
「己を知る」という事が非常に大事なのだと思う。

つまり、ビートルズに憧れてバンドを始めても、その人はビートルズにはなれないし、
手塚治虫に憧れて漫画を書き始めても、その人は手塚治虫になれない。
最初から、その人はその人にしかなれない。
つまり、「他人の才能に憧れて他人を真似ている」人は、その時点では自分を見失っているに過ぎない。
そんな人物が、「私は誰よりも頑張っている」と言った所で、世間は呆れてしまうだけだ。
自分の想いを自分の言葉で語れなかったら、その言葉は信用されるはずがないのだ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ELO - Mr Blue Sky

ELOは録音より編集、加工に時間をかけるというイメージがあるのだけれど、
ライブでもきちんと音が出せるとゆーのは素晴らしいなー。
あと、ジェフ・リンよりも隣の綺麗なおねーちゃんが気になる。
もっとも今はもう普通のおばさんになっているだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2007

死の予告

YOUTUBEで偶然見つけた動画なのですが

やらせと思いつつ、マジだったらやばいとゆー感覚があって、
僕は2分55秒以降は見ていない。

つまりこの後どーなるのであろーか。

どこぞのチャレンジャーなお方、この動画のオチを教えてくだされ。
もけもけ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »