« 3.新規スクリプトファイルの作成 | Main | 5.プロパティ設定 その1 »

October 02, 2006

4.素材をわかりやすく管理しよう

サウンドノベルの素材は文、絵、音の三つになります。
今回は絵と音をどのように管理するか解説します。

1.ユウキノベルインストール時に標準で同梱されているサンプル

Y_sample01

フォルダの中身は上記画像のようになっています。

ユウキノベルのスクリプトファイルと同じフォルダに、画像ファイルと音ファイルが入っています。
これが基本構成です。

スクリプトファイルと同じフォルダに素材を置く。

という事です。

さて、このサンプルではファイルの数が少ない為、非常に見通しが良くなっています。
しかしもし、あなたが大作を作ろうと考えた場合どうでしょうか。
数百単位で素材ファイルを扱う場合、何処に何があるか非常にわかりにくくなります。
ですから予め、素材をどのように扱うか自分なりのルールを決めておくと作業が楽になります。
自分なりのルールを決めれば良いのであって、以下の方法は参考案になります。

真っ先に考えられる事は、ファイル名に統一性を持たせるという事です。
ファイル名の先頭にナンバリングをしておくとか、ファイルの種類や場面別に記号をつけます。
ユウキノベルでは画像や音をスクリプトに組み込む際、参照用の窓はファイル名順に表示されます。
ですから予め、ファイル名でソートされた時に自分が理解しやすいようなファイル名をつけておくと見通しが良くなります。

2.フォルダで管理する方法

ファイル名で管理するよりもっと簡単な方法は無いでしょうか。
答えは「フォルダを使用する」という事です。
ユウキノベルはスクリプトフォルダをカレントフォルダとし、全ての下層フォルダにアクセスできます。

Sample01

これがフォルダ構造の一例です。
先の講座で、

・背景画像はJPG
・立ち絵はPNG
・BGMはMIDI
・効果音はOGG

を使用すると説明しました。
したがって、ファイル種類別にフォルダを作成するという事は、用途別の分類と同じ意味になります。
正確に言えば、ユウキノベルでは背景画像にもPNGを使用する事が出来ます。
しかしPNGは圧縮率に不利があるので、背景画像に用いるべきではありません。
もちろん何かしら特別な意図があって使用するのは構いません。

これらのフォルダに格納された素材ファイルは、
ユウキノベルのスクリプト編集時にはパス付きの状態で扱われます。
そして画像や音を選択する際には、パス名の名前順に表示されます。

3.もっとわかりやすくしてみたい

Sample02

JPGとかPNGとか、そんなフォルダ名はいまいちお洒落じゃないというあなたは、
直球表現でフォルダを作成してみましょう。

更に、場面別、キャラ別に素材を管理できるようにサブフォルダを作っておきます。
何故同じような説明を繰り返すのかと申しますと、
自分の好きなようにフォルダ管理して下さい。
という事を述べたかったからです。
今までに説明した内容は、あくまで一例に過ぎません。

4.将来吉里吉里に移植したいという野心のある方

Sample01a

吉里吉里では素材用のフォルダ名が決められています。
なので、同じにしておくと移植の際に手間が省けます。

・BGAIME 背景用画像
・FGIMAGE 立ち絵
・BGM BGM
・SOUND 環境音と効果音

大事な事は、サブフォルダを作らない事です。
吉里吉里では特別なパス指定しない限りサブフォルダにアクセスしません。
また、アクセスできた場合でも同一ファイル名が別フォルダにあった場合、動作結果が保証されません。
なので、サブフォルダを作らず、ファイル名に統一性を持たせる事によって管理すべきです。

また、環境音と効果音という区別が吉里吉里にはありません。
移植にあたっては、BGMにMIDIを使用するか、OGGを使用するかによって
設定方法に違いが生じる為、説明すると長い話になります(汗
当講座は吉里吉里講座ではありませんので、ここでは具体的な移植方法に触れません。


|

« 3.新規スクリプトファイルの作成 | Main | 5.プロパティ設定 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66451/12123368

Listed below are links to weblogs that reference 4.素材をわかりやすく管理しよう:

« 3.新規スクリプトファイルの作成 | Main | 5.プロパティ設定 その1 »