« サウンドノベルの原点を考える | Main | 15.BGMの挿入 その1 »

October 23, 2006

14.効果音の挿入

サウンドノベルは「小説」+「音」ですが、効果音は読書の際に臨場感を与えます。
読書のメリットは、読者の想像力によって情景をイメージし、感情移入できる点です。
従って、サウンドノベルはそのような特性を考慮して設計すべきです。

効果音は場合によっては読書を妨げる雑音になります。
なので、テストプレイをしながら、
自分で「ここで効果音が出て欲しい」という場所を見つける事が大切です。

音ファイルはWAVE形式、またはogg形式で用意します。
WAVEはファイルサイズが大きいものの加工が容易であり、
oggはファイルサイズが小さいものの、加工に手間が掛かります。
なので、開発版はWAVE、リリース版はoggと使い分けるのも手です。
(とはいえ、最近ではogg形式を直接波形編集するソフトが登場した為、操作系に慣れればoggで全てをまかなう事が出来ます)

効果音を入手する一番簡単な方法は、自分で録音する事です。
自分で録音すれば、著作権的問題も楽にクリアできます。
問題点は録音機材や技術が個人的なスキルに委ねられてしまう点でありましょう。
録音レベルを統一する為にどうすればいいか、
ノイズをカットする為にどうすればいいのか、
そのような事は普通の人が普通に生活していて、理解する必要が全く無い事です。

SoundEngine Freeという波形編集ソフトが便利です。
最近のバージョンアップで、効果音の検索が機能追加されました。
もしかしたら、これ一本で全部何とか出来るかもしれません。
あと、このソフトに付属しているLumpyを用いると、複数ファイルの音量調節を一括処理出来ます。

Audacity
これも波形編集ソフトです。
特徴は様々なファイル形式に対応している点です。
oggを直にいじれるのが便利です。

さて、自分で録音するのが面倒な方はフリー素材に依存する事にしましょう。
WEB WAVE LIB
有名な音素材サイトで、度々お世話になっています。
利用規約を確認し、理解した上で利用しましょう。


効果音素材を揃えたら、ファイルを効果音用のフォルダにまとめておきます。
効果音用フォルダの名前は任意です。
詳しくは「講座4.素材をわかりやすく管理しよう」をご覧下さい。


では、実際にゲームで音を出すのにはどうしたら良いでしょうか。

それはコマンドメニューから「効果音再生」を選んで、スクリプト中に効果音再生命令を追加します。

具体的には、
.SoundPlay "効果音ファイル名"
という形でスクリプト内に記述していきます。

Se01


さて、上の例では文章が一行表示された後に効果音が出力されます。
でも、「ドン」の文字に合わせて効果音を出した方が、より効果的というものです。
このような場合は以下のように記述します。

Se02

文章表示途中(改行前)にユウキノベルのコマンドを実行したい場合、
文章を分割した上で、コマンド前行での自動改行を行わないよう、行末に「;」セミコロンを付加します。
半角文字での入力になります。

実際にユウキノベル上で確認できるよう、スクリプトデータを掲載しておきます。

「se.zip」をダウンロード


ちょいとおまけ(上のサンプルをDLした人向け)

僅か数行のサンプルですが、どんな音が必要か考えてみましょう。
普通に読むと、以下の通りになります。

1、火縄銃の音
2、バタリと倒れた音
3、かけよった時の足音

この三つを全部入れられたら良いのですが、
僅か数行なので、読者は数秒間でここを読みきってしまいます。
故に、この三つを全部入れるのは無理です。
入れたとしても、効果音が再生される度に前回の音が中断され、雑音になってしまいます。

一番簡単な解決策は、2の倒れた音をやめてしまう事です。
そうすればプレイ時に音の繋がりが良くなります。

手間を掛けるなら、1の銃声音に2の倒れた音をミキシングするのが良いでしょう。
銃声音の減衰中に倒れた音を入れ込みます。
スクリプト的には1と3の音だけを再生するように記述するのですが、
人間の耳には1~3の音が全部聞こえるという訳です。


|

« サウンドノベルの原点を考える | Main | 15.BGMの挿入 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66451/12389825

Listed below are links to weblogs that reference 14.効果音の挿入:

« サウンドノベルの原点を考える | Main | 15.BGMの挿入 その1 »