« April 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

1.素材の準備

Yuuki!Novelでサウンドノベルを製作するにあたり、素材となるものを準備します。
一度に全部用意する必要はありませんが、最低限完結したシナリオは必要でありましょう。

サウンドノベルの材料

1.シナリオ

  加工しますので、テキストファイルで用意します。
  選択肢によって分岐する作品の場合であっても、
  理想的なエンディングは一つしか用意されていないでしょうから、
  先ずはそのメインストーリー一本で作品の骨格を作ってしまうのが良いと思います。

2.BGM

  BGMはMIDIファイルとして用意します。
  ファイルサイズが小さいというメリットがありますが、
  プレーヤーのPC環境によって再生音に違いがあるという欠点があります。

3・環境音

  環境音とは雨音や波の音、虫の音、電車の音、雑踏など、
  一定のパターンで繰り返し再生する音です。
  例えば、波の音を3分再生する時に、3分分の音を用意すると、それだけでファイルサイズが膨らみます。
  20秒程度のものをループさせると、ファイルサイズを節約する事が出来ます。
  環境音はOGGファイルで用意します。
  
  http://audacity.sourceforge.net/
  OGGの波形編集が出来るソフトです。

4.効果音

  環境音と違って、一度だけ再生される音です。
  例えば電話の呼び出し音は環境音で、呼び出しを繰り返し再生します。
  そして受話器を取るガチャリという音は効果音になります。
  効果音もOGGファイルで用意します。

5.背景画像

  背景画像はJPGファイルで用意します。
  大きさは640×480ドット固定です。
  JPGは編集の際に画像劣化がおきやすいので、開発中は画像品質を最大限上げておきます。
  そして作品完成後、リリース版において画像品質(ファイルサイズ)を調整します。

6.立ち絵

  立ち絵は登場人物の表情やシルエットを表す絵で、背景画像の上に重ねて表示するものです。
  立ち絵はアルファチャンネル(透明色)つきのPNGファイルで用意します。
  大きさは任意ですが、ファイルサイズを節約する為にキャラの大きさギリギリにしておきましょう。
  ただし、位置合わせの関係で自分の解かりやすい大きさに統一してしまうのもありです。

  http://www.geocities.jp/gimproject/gimp2.0.html
  PC-UNIXソフト、GIMP2のWINDOWS版です。
  機能的にはフォトショップ並の優れたツールですが、有り難い事に無料で利用できます。

=========================

** 補足1 **

実際には音のファイルはOGGでなくWAVE形式も使用できます。
また、立ち絵はPNGではなくBMPも使用できます。
背景画像の大きさに厳密な規定は無く、640×480以外でも動作します。
けれど、あれこれ覚えるよりも一つの事を理解したほうが話が早いので、
敢えて割り切った説明をさせて頂きました。

** 補足2 **

BGMとしてのMIDI使用を切り捨て、環境音をBGMに割り当てる方法もあります。
この方法の場合、PC(MIDI)環境に左右されず製作者が意図したBGMを流す事が出来ます。
欠点はBGM用のファイルサイズが肥大する事と、環境音をBGMにするのですから、環境音を再生する方法がなくなってしまう事があげられます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2006

はじめに

Yuuki!Novelはサウンドノベルを製作する為のツールです。
WINDOWS環境で動作するフリーソフトです。

Yuuki!Novelは他のツールと比較して、必要最低限の機能のみ備えているという印象です。
本格的な作品を作りたいと考えた時、Yuuki!Novelは機能的に物足りないのです。
具体的には、カウンタの中身を直接表示できないとか、主人公の名前を入力できないとか、ムービー再生が出来ないとか、メッセージウィンドウが装備されていない、バックログが見れない等の点に物足りなさを感じます。

反面、機能が少ないという事は、初心者でも機能全体を把握するのに時間が掛からないというメリットがあります。
おそらく小学生でも製作可能だと思われるほど、わかりやすい仕様を持っています。
また、機能制限の多い中で、「最大限良い物を作にはどうしたら良いか」と考えた方が、かえって作品の品質を高めるのに有効かもしれません。

Yuuki!Novelはちょっとしたアイディアを短時間で形にする事が出来ます。
機能が限られている分、あれこれ悩む必要がありません。
直感的に作業していても、それなりに作品として仕上げることが可能なのです。

多機能なツールは他に色々ありますが、その全機能を使いこなす能力があるならば
最初から開発言語を使用したら良いのではないか、僕はそのように思います。

Yuuki!Novelははこちらで配布されています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | October 2006 »