« October 2005 | Main | January 2006 »

December 23, 2005

寒波がすごいなー

静岡中部は雪が降らないので助かっているのだけど、それでもやっぱり寒い。
新潟は停電が続いたようで、本当に大変だったと思う。
以前新潟に住んでいた事があるので、しみじみと苦労を察するのであった。
昨年までの暖冬も不気味であったが、今回の寒波も不気味に思うのだ。
一口で言えば「異常気象」
その原因は人類による「自然環境破壊」
つまりそーゆー事ではないだろうか。
人間って、生活を便利にしていくのだけれど、大自然の前には無力だよなー。
例えば人は、金持ちになりたいと思っているのが大半だと思う。
成功して、贅沢して、かっこつけて生きたいと思っているのではないだろうか。
そしてそれが「幸せ」だと信じているのではないだろうか。
でももし、世界全人類が、本気でそれを目指したら地球はどうなってしまうんだろう。
全てが破壊され、全ての夢が海か地面に飲み込まれるのかもしれない。
そーいえば鯨が浜に打ち上げられる現象が、今年異様に多い気がする。
地磁気が乱れているせいなのだろうか。
海流が乱れているせいなのだろうか。
地球自身もマクロ生命なのだとしたら、大きな病気にかかっているのかもしれない。
末期でない事を祈ろうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2005

個人投資家が増えているみたい。

「株で儲ける」みたいな話を時々耳にする。
僕はそれが悪いとは言わないが、個人投資家が増えていく状況に安易さを感じる。
僕は経済について詳しくない。つーか、全く勉強していない。
けれど、一個の人間として、「人間の幸福」とか「人間としての生き方」を考える。
その時、マネーゲーム的なビジネス指向は人間を腐らせるものだと感じる。

率直なところ、全人類が個人投資家になる事も可能だ。
理論的にはそうであろう。
しかし、全人類がそれで生活をする事は出来ない。
全人類が投資家になって、それを専業にした場合、当然ながら投資対象が無くなってしまう。
株で儲けるというのは、資本主義というシステムの中で、生じた泡を頂くようなものだ。
「誰かが儲けた」という時、誰かが損をしている。
いわば「お金が移動」するだけであって、成長する金の成る木ではないと思う。

そもそも株価が上がったり下がったりとは、一般に企業評価を反映している。
つまり、誠実な企業努力が不可欠であって、要は誰かが何処かで必死に働いているのだ。

例えば南北問題を解決する手段として、
発展途上国にネット環境を整備し、子供達に株式投資の手法を教えたらどうであろうか。
彼らはもしかしたら大きな成功を収めるのかもしれない。
しかし、それが本当にその国や民を富ませるという意味なのだろうか。

石油資源はいつかは必ず枯渇する。
その時に中東の石油産出国は、世界経済においてどのような立場を維持できるのだろうか。

僕は投資が無意味だとは思わないし、お金そのものが罪悪だとも思わない。
しかし、精神的に成熟しているという事が全ての前提にあるべきだと思う。
投資というのは、その投資によって企業がより有意義な汗をかく事が出来るという事であるはずだ。
そして私達は健全な汗によってのみ、自分の尊い価値を見出せるのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

最近子供狙いの犯罪が多いよなー

最近小学生が被害にあっている事件が多発していて、非常に心が痛む。
事件の詳細と対策については報道で繰り返されているのでここには書かないが、
「対策」という意味において欠落している点があると思うので書いておく。

被害者が小学生である犯罪において、犯罪者とは「性的変質者」であろう。
端的に言えば「変態」
さて、このような変態は一日で成るものではなく、
変態には変態なりの人生があるはずだ。
つまり、犯罪に至るまでの経過、内面的な経緯があるはずだ。

シンプルに言えば、小学生の女の子が襲われたとき、
彼女らをどう保護するか大人達はやっきになる。
しかし同時に、小学生の男の子達の中に、変態予備軍が居るのだ。

結局のところ、我々は子供達に(特に男子に)
生命の神秘、価値、美しさや尊さを学ばせなければならない。
単なる性教育ではなく、それ以前の事として自然の美しさや宇宙の広がり、
その中にある一個の生命と、連帯を学ばせなくてはならない。

そしてそれは本来的に親の責任と使命であるし、
大人社会全体の責任と使命でもある。

が、肝心な大人社会そのものが変態的なオーラに毒されている。

一例として、僕はレンタルビデオ屋のアダルトコーナーは法律で撤廃させるべきだと思う。
そしてエロはポルノショップでのみ扱って頂きたい。
例えば世の中のお父さんが、子供にかっこいい話をしておきながら、
実はエロビデオを見て妄想しているとしたらどうだろうか。
もちろん彼は個人的に楽しんでいるのであり、分別がある。
犯罪者になる事もなかろうが、子供達に虚偽を見せているとも言える。

大人社会で作っている様々なツケを、子供達が払わされている。

今の時代、ネットだけでも性情報が氾濫し、妄想を膨らませる機会が多くなっている。
これから「変態」の数は増えていく。
根から積むのか、実だけ刈るのか、早く選択せねば将来更に悲惨な事件を目撃する事になるだろうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | January 2006 »