« スパルトイがよさげだ | Main | とりにんげんこんてすと »

September 22, 2005

起業について

本来自分がやりたかったことは、「出版社を作る」という事であった。
何故自分が書いた小説を持ち込まないかといえば、そもそも自力で出版したいという願望があるからだ。
とはいえ、自分はビジネスにおいても出版業界においてもドシロウトである。
人脈も無ければ、肝心の資本金も無い。
それでも、結局会社とは「外枠」であって、最終的には「中身」が問われる。
「中身」が無ければ強引に「外枠」を建てても維持できず、崩れるしかない。
それははっきりしている事なのだ。
だから先ずはコンテンツの品質に拘ろうと思った。
そして品質を求める為に、自分は「数」に拘った。
粗製乱造という言葉はあるが、詩や小説は人間の心から生まれるものであって、
意図的に数を追求していくと、創作の為には精神的な純度や安定感が必要になってくる。
精神的に不安定だったり、雑念が多いと時間が無駄に浪費され、作品は中途で終りやすくなるのだ。
だから活動の一年目は数にだけ拘った。
二年目には数よりも、商品品質に拘った。
販売専用のサウンドノベルを開発し、自分達の作品が消費者に受け入れられるかどうか、
その現実を見極めたいと思った。
「俺達は努力している」と言う事は出来るし、「俺達には才能がある」と言うことも出来る。
しかし、そんな自我自賛に一体何の意味があるのかと僕は考える。
例えば、遊びながらいい加減に作品を作ったっていいはずだ。
そして、自分に才能があるかわからず、悩みつづけたっていいはずだ。
しかし商品が商品として売れる為には、消費者にとって購入するだけの価値ある作品でなければならない。
かといって、僕は常にメッセージ性のある作品を作りたいという意思を持っていて、
安易に顧客ニーズに合わせた作品を作ろうとは思わない。
結局のところ、自分勝手に作品を作ってみて、それがどの程度受け入れてもらえるか…。
それは単純に、「運任せ」みたいなものだと思う。
さて、僕は来年末までに「サウンドノベル製作会社」みたいなものを作ろうと思っている。
率直なところ、「出版社」は今の僕にとってハードルが高過ぎる。
だからある程度経験を積んだ舞台で勝負出来るようにと考えている。
とはいえ、実際に会社を作る為には現実的な課題をクリアーしないといけない。
例えば有限会社でも資本金に300万必要なのであった。
はっきり言って、今の僕はオケラなのだ。
どうしようもない。
そして、お金を準備する当ても無い。
サウンドノベルは、イベントでも通販でも、毎月少しは売れている。
活動に対して好意的な方が購入して下さっているので、
その点は自信にもなっているし、感謝している。
反面、自分達は営業や販売促進に関しては明らかに下手である。
来年(3年目)は、自分達の夢を積極的に語る年にしたい。

本当のところ、来年末に起業できる可能性は3%ぐらいではないか、
僕はそのように思っている。
現実は甘くないし、今のままのんきにやっていたら到底成し遂げる事は出来ない。
でもまあ、幸い自分達は本質的にクリエイターであって、ビジネスマンではない。
以下のルールを守れば、挑戦するだけでも楽しめると思うのだ。
挑戦するというのは、「真剣勝負」をやるという事であり、その結果作品の品質が上がれば良い。
万が一会社を作る事が出来なかったとしても、クリエイターとしては無駄にはならないはずで、
それは我々の特権だし、幸いだと思う。

ルール1:誰からも借金をしない

ルール2:活動をネットに限定し、製造や在庫に関わるコストを発生させない

ルール3:金儲けの為の活動はしない。常に自分達の創作活動が社会貢献となる方法を模索する

|

« スパルトイがよさげだ | Main | とりにんげんこんてすと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66451/6059693

Listed below are links to weblogs that reference 起業について:

« スパルトイがよさげだ | Main | とりにんげんこんてすと »