« 起業について | Main | 社員募集? »

September 22, 2005

とりにんげんこんてすと

テレビで鳥人間コンテストを見た。
自作の人力飛行機で飛びまくるアレである。

日大が今回も素晴らしい飛行で優勝を決めた。
「凄い!!凄過ぎだ!!」と思ったのである。

が、僕はつらつら思った。

「じゃあ他のチームはそんなに駄目だったのか?」

そう考えてみる。

例えばパイロットだ。
どのパイロットも過酷な訓練を積んできたはずだ。
もし日大の飛行機が、全パイロットに提供されていたならどうなっていただろう。

飛行機の制作費や、製作時間、その苦労の量を比較したらどうなるだろうか。

日大の飛行機は、圧倒的に金と時間を掛けたので、凄い記録を出したのであろうか。

話しをまとめると、日大は「効率が良かったので勝った」のだと思う。
そしてその他のチームは「無駄が多くて負けた」のだ。

例えば、日大のパイロットは(訓練を積んでいるとはいえ)余裕を持って漕ぎ続けていた。
他のチームは、必死に漕ぎ続けていて、やたら哀れに見えたものだ。
このコンテスト、飛行機設計の時点で勝負が決まっているとも言える。
もちろん将来的には性能差は縮まっていくはずで、
その時には純粋にパイロットの体力と技能が勝敗を決めるのかもしれない。

僕が思うのは、同じような事は全ての業界に当てはまると思うのだ。

例えば日本の車メーカーであるが、
やっている事を分析したら、多分どのメーカーもほぼ同じ事をやっている。
開発にせよ営業にせよ、人間がやっている事として大差は無いはずだ。
少なくとも、どのメーカーも生き残りをかけて必死にやっていると思う。
しかし、現実にはトヨタが圧倒的に強い。
「頑張るのは当たり前、どのポイントで頑張るか」
そういう効率の良さというか、見極めがトヨタはスキルとして持っている気がする。

小説を書いたり絵を描いたりするのも同じ事で、今の世の中全国に凄い奴らがいる。
セミプロがあまりに多いので、ネットで検索すると何気にうんざりするくらいなのだ。
でも、彼らがプロではないというのは、頑張るべきポイントを得ていない事を意味すると思う。
彼らは日大製飛行機に乗ってないのだ。
あまり距離の出ない飛行機に乗って、でも必死に汗をかき、頑張っている。
それだけでも美しく感動的であるが、しかし日大機の与えてくれる感動には及ばない。
願わくば、自分達は美しく優雅に飛びたい。
難しい事ではあるが、理想は持っていないと無様に落ちるしかないと思うのだ。

|

« 起業について | Main | 社員募集? »

Comments

teaさま
トラックバックありがとうございますv
そして、とり人間コンテストを
みられたのですねー。

あいかわらず、
あの白い機体はどこも綺麗で、
(変に色とか塗らないので)
もうちょっと晴れてたら
もっと素敵だったのにとおもうばかりです。

とり人間からネット上のクリエイターの
話に発展するところは
teaさまらしく思いました。
なかなかいろいろなことが
むつかしいのかもしれないし、
あるいは凄く簡単なのかもしれませんが
何かをつかむことは
努力もあるし運もあるんだろうなあと
おもったしだいです。

次のとり人間もまた
天候がわるくて
中止にならなければ
見たいところ。
(できれば青空を所望)

では、駄文長々しつれいいたしましたv

Posted by: やしろみこと | September 23, 2005 at 01:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66451/6059764

Listed below are links to weblogs that reference とりにんげんこんてすと:

« 起業について | Main | 社員募集? »