« 一応リリース | Main | 宅急便(第一号) »

March 27, 2005

人間の欲望とか

僕は最近まで、人間は幸せを求めて生きていると信じてきた
しかし、今日ふいに気付いた
多くの人間は、「幸せに生きること」を求めてはいない
単に、「楽に生きること」を求めている
幸せの定義は様々かもしれないが、
一般に自己実現や目標の達成には努力を要する
そして、努力を継続すれば目標に近づいていく
到達できるかどうかは別としても、
確実に目標に近づいていくのであって、
それ自体も「喜び」なのかもしれない
ところが、多くの人は目標や結果は求めるが
それに見合った努力は敬遠する
「楽をしたい」からだ
宝くじで3億円を当てようと考える人は多い
多いからこそ宝くじはビジネスとして成立する
しかし、3億以上の収益を上げるビジネスにチャレンジする個人は少ない
僕が愕然としたのは、プライオリティについてであった
結局のところ、多くの人間には夢や野心が無く、
それらに向かって努力する意思も乏しい
もちろん、厳密に言えばそのような人種も存在するのだが、
その人達はヒーローまたはヒロインであって、特別な存在と認識している
ニュースを見れば、「凄い奴」が登場する
彼らは「憧れ」であって、現実的な目標ではない
起業したい人、スポーツ選手になりたい人、作家になりたい人、芸術家になりたい人、
様々いるが、なれる人は結局真剣に、本気で執着した人達のみであろう
その道が平坦であるはずも無く、安易なはずもない
結局は成功の秘訣は「執着心」にあるのではないかと僕は思う
努力や忍耐や苦痛を、自己目標の為に引き受けるか否か
普通の人は、そんな事はまっぴらごめんであって、
もちろん全く苦労の無い人生も有り得ないが、
かといって、「この程度で良かろう」と、自分に言い聞かせながら
大きなシステムの中で、小さい歯車として自らを機能させながら生きていく
それはとても楽であり、だから娯楽も金で買う
人生を楽しむことを他者に依存しながら、人生を食い潰していくのだと
僕は思う

|

« 一応リリース | Main | 宅急便(第一号) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66451/3461353

Listed below are links to weblogs that reference 人間の欲望とか:

« 一応リリース | Main | 宅急便(第一号) »