« 静岡コミックライブ | Main | 画像の挿入ってどうなんだろうか »

December 28, 2004

棚橋プロジェクトの基準

「世界基準」「世代を超える」の2点が棚橋プロジェクトの評価基準になります
なので、当然まだまだなのであります

「世界基準」というのは、例え日本で有名になれたとしても、
そんなのは最初からどうでもいいという話です

「世代を超える」というのは、シェイクスピア級でなければならないという意味です

現実にそのような創作活動をやるのは簡単ではありませんが、
少なくとも「やるつもりでやらなかったら絶対にそうならない」のであって、
僅かな可能性に賭けて僕はやり続けるのです

棚橋プロジェクトの特徴に、「過度の宣伝をしない」事が挙げられます
何故かといえば、
宣伝をした事によって得られる評価は、一過性の流行である可能性が高いからです
内心、もっと積極的に宣伝すれば、
自分達はもっと高いステージに立てるかもしれない…と、
思う事があります

でも、それは基礎を打たずに家を建てるようなもので、
高ければ高いほど、一瞬に崩れるものと思います

|

« 静岡コミックライブ | Main | 画像の挿入ってどうなんだろうか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66451/2398457

Listed below are links to weblogs that reference 棚橋プロジェクトの基準:

« 静岡コミックライブ | Main | 画像の挿入ってどうなんだろうか »